スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回ろけっと☆だいぶ、烏龍李のセットリスト

まずはわたしのセットリストから。

せっかくなので、それぞれの曲に解説を加えてみました。

かなり長くて暑苦しいですが、もしよろしければご覧ください^^
セットリストおよび解説

【1枠目】

1.ウィーアー! / きただにひろし [ONE PIECE OP]
「記念すべき第1回目のイベントのいちばん最初に流す曲は何にするか」…そう考えたとき、真っ先に浮かんだのがこの曲です。
ここ近年のアニメのなかで最もポピュラリティがあり、普遍的なメロディ、未来への希望や夢を感じられるこの曲こそ、まさに旅立ちにふさわしいものだと思います。

2.Anything Goes! / 大黒摩季 [仮面ライダーOOO(オーズ) OP]
最新の平成仮面ライダー作品『仮面ライダーオーズ』。
この作品は平成ライダーシリーズのなかでも、かなり意義深い作品だと思っております。
曲も聴いているだけでテンションが上がりますし、なんといっても大黒摩季が歌っているところがアラサーには嬉しいところ(笑)。
「こんなキラーチューンをのっけから流すなんて!」という声もありましたが…言ったでしょ、「このイベントは最初からクライマックスだぜ!」って!!

3.勇者王誕生! / 遠藤正明 [勇者王ガオガイガー OP]
サンライズの勇者シリーズの最後の作品で、かつ最も高い人気を誇った『勇者王ガオガイガー』。
スーパーロボット大戦にも登場したのでリアルタイムでなくても知っている方も多いのでは?
こういった暑苦しいくらいの曲を流すと、男性はやっぱりテンション上がっちゃいますよね。

4.コンプレックス・イマージュ / 彩音 [ひぐらしのなく頃に澪尽くし編 OP]
昨年、お世話になった音楽プロデューサーが勧めてくれたのがコミック版の『ひぐらしのなく頃に』でした。
なんていうか、あんなにのめりこんで漫画を読んだのはかなり久しぶりでしたね。
こういったジャンルのイベントをやるうえで、やはり『ひぐらし~』は必須っす!ということで流しました。

5.GHORST SWEEPER / 原田千栄 [GS美神 OP]
アラサーのわたしとしては、やはり90年代の曲はできるだけかけたいところ。
そのなかでも特に時代性を感じる『GS美神』をチョイスしてみました。
ボディコンということば、いまを生きる若者は聞いたこともないかもしれませんが(笑)。

6.ときめきトゥナイト / 加茂晴美 [ときめきトゥナイト OP]
リクエストがあったので流した曲ですが、1982年のアニメということもあって、さすがに知らない方がほとんどでしたね。
昔のアニメの曲は、さりげに凝っているものが多く、この曲もなかなかおしゃれだと思うのですが、いかがだったでしょうか?

7.雷神域の英雄 / Sound Horizon (vo.宇都宮隆)
この手のイベントを開催するにあたり、Sound Horizonを流すかどうかで今後の展開が変わってくる!
…という持論を持っていたのですが、それに加えて、わたしが宇都宮隆の大ファンだからという(笑)。
フロアの反応はどうだろう…と心配していましたが、口ずさんでいる方がおられたのが嬉しかったですね。

8.Ash Like Snow / the brilliant green [機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) OP]
お気づきになった方もおられたかもしれませんが、今回のイベントフライヤーの煽り文句は『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』のグラハム・エーカーのセリフのパロディなんですよね(笑)。
この曲は90年代後半にヒットして、ゼロ年代で活躍していたTommy february6こと川瀬智子が所属しているロックバンド・the brilliant greenが作った曲なので、ロック好きな方にも楽しんでいただけるのではないかと思って流したのですが、いかがでしたか?

9.一斉の声 / 喜多修平 [夏目友人帳 OP]
1枠目の最後でこの曲を流した途端、うしろにいた若い女の子たち(おそらく学生さん)がいっきに前にやってきてものすごく嬉しそうな顔をしてリズムに乗ってくれて…なんかものすごく救われた気がしました。
地方を舞台とした作品なのですが、この曲は夏草が風になびいて、緑のにおいがするような…そんな雰囲気が伝わってきそうですね。


【2枠目】

1.気分はパプワ晴れ / つのごうじ&ピタゴラス [南国少年パプワくん ED]
ラストスパートの1曲目はこれでいこうと決めていましたが、18年前のアニメの曲ということもあって正直フロアがどう反応するか、かなり不安でしたね。
しかしいざ蓋をあけてみると、予想以上に盛り上がっていただいたのは嬉しい誤算でした。
90年代前半の柴田亜美のギャグは、若い方にもみていただきたいですね。
コミックでは『南国少年パプワくん』だけでなく、『ドラゴンクエスト4コマ劇場』もオススメです!!

2.ウルトラマンメビウス / Project DMM withウルトラ防衛隊 [ウルトラマンメビウス OP]
今年4月に亡くなられた、サコミズ隊長役の田中実氏に捧げました。
『ウルトラマンメビウス』で世界中のひとたちに訴えかけたあのメッセージ、そして最終回でみせたゾフィーへの変身…思い出すだけで涙が出ます。
「いますぐできることはなんだろう」
「ぶつかりあい はげましあい たちはだかる闇をこえよう」
「悲しみなんかない世界 愛を諦めたくない どんな涙も必ずかわく」
大人になって、いろんなことを学んでいくたびに「世界平和なんて、幻想でしかない」と絶望することもあるのですが、それでも平和や愛を希求する気持ちを忘れずにいれば、きっといつかは「悲しみなんかない世界」にたどりつけると信じたい…そう思っています。
未曾有の大災害、世界中でやむことのない紛争…そして日本人にとっては忘れてはいけない8月6日。
とにかくたくさんの意味や願いをこめて、この曲を流しました。

3.ペガサス幻想 / MAKE-UP [聖闘士星矢 OP]
大分でアニメや漫画が好きな方々の傾向を調べてみたところ、「これだ!」と思ってかけたのがこの曲。
『聖闘士星矢』、いま観ても激アツなアニメです。
そして「ウホッ!」という展開にニーズがあると踏んだわたしは、VJに依頼してアンドロメダの瞬のシャワーシーン、およびキグナス氷河を抱きしめてあたためるシーンの映像をループで流してもらいました。
ブースからみて、左サイド奥で喜びの声が聞こえ、右サイド手前の方々がポカーンとされていたのが印象的でした(笑)。

4.Grip & Breakdown / Sound Holic(vo.Nana Takahashi) [原曲:東方紅魔郷「U.N.オーエンは彼女なのか?」]
この日は東方シリーズのコスをされている方が多く(しかもみなさんものすごくクオリティが高い!)、中盤でTAMTAMが1曲流していたのですが、それだけではもの足りないだろうと思ってこの曲をチョイスしました。
ニコニコ動画で再生回数が100万回を越え、「トマト轢いて~メダパニ幻影~♪」という空耳で有名なのですが、フロアでその部分を口ずさんでおられる方がいたのは嬉しかったですね。

5.残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子 [新世紀エヴァンゲリオン OP]
この曲、もはや日本のアニメ主題歌の殿堂入りですよね。
ちなみに真希波・マリ・イラストリアスのコスをされておられる方がいたのですが、もうめっちゃハマってましたね!

6.secret base~君がくれたもの~ / 茅野愛衣、戸松遥、早見沙織 [あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない ED]
通称『あの花』をみたことがない方でも、この曲はご存知の方は多いでしょう。
ZONEのカヴァーなのですが、オリジナルに勝るとも劣らない空気感が出ていて、これは名カヴァーだと言えるものとなっています。
この曲で、いままでタテノリだったフロアがヨコノリになって、ものすごい一体感が生まれていたのが印象的でしたね。

7.つよがり / 中川翔子 [べるぜバブ ED]
この曲のPVを観たとき、この曲はしょこたんの心からの熱いメッセージがこめられた曲なんだな、と思いました。
最近、カラオケでDAMの部屋に入るとしょこたんの映像が流れるのですが、その映像をみてわたしははじめて「ああ、俺はしょこたんのようなコが好きなんだ」と自覚した次第です。←誰も聞いてない

8.Lost My Music / 涼宮ハルヒ(cv.平野綾) [涼宮ハルヒの憂鬱 劇中歌]
記念すべき第1回を締める曲はわたしにとって特別な意味を持つこの曲しかないと決めていました。
なぜ特別なのか、という理由についてはこちら
そんな自分の人生の大きな転機となった特別な曲を、ラストでブース・フロアが一体になって大合唱できたことは本当に嬉しく、幸せでした。


【番外編】
スタート前:サザエさん / 宇野ゆう子 [サザエさん OP]
イベント本編は「ウィーアー!」からですが、それより前の主催からの挨拶のときにこの曲を流しました。
かつては「烏龍李=サザエさん」といわしめるほどハマっていた作品の主題歌、使わないワケがない!!

エンディング後:サザエさん一家 / 宇野ゆう子 [サザエさん ED]
イベントの後半、お客様からいただいたリクエストがまさかの『サザエさん』!
さすがにイベントのクライマックスでこの曲をかけるのは…と思って迷い、「相手の心理を読め…推理を展開しろ…!!」と追い詰められたところ、イベント終了後の解散のSEとして使うことを思いつきました。
「Lost My Music」からのあの落差、災い転じて福となす。

エンディング後2:ロマンティックあげるよ / 橋本潮 [ドラゴンボール ED]
これはかける気はなかったのですが、気が付いたら流れてました(笑)。
80年代のアニメの曲でも、特に思い入れのある曲でありますが。


以上、いかがだったでしょうか?

今回、かけようと思ったけど尺の都合などでかけられなかった曲がたくさんあったので、次回も曲にいろんな想いをこめてみなさんにお届けできたらと考えております。

乞うご期待!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rocketdive!

Author:rocketdive!
大分県で開催するアニメ・特撮・ゲーム・声優・ボカロなどを大プッシュするクラブイベント『ろけっと☆だいぶ -Rocket Dive!-』の実行委員会によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。